女性

短大を選ぶ方が増えている

現在徐々に幼保一体化という幼稚園と保育園を一体にしたこども保育園が増えています。この考えが将来一般化する事が考えられますが、こども保育園で働くには保育士資格だけではなく、幼稚園教諭の免許も必要です。そうした事から学校選びの際、期間も短く両方を取得できる短大を選ぶ方が増えています。

最新記事一覧

レディ

昇進や転職に有利なのは

ビジネスに役立つ資格を取っておくと、現職での昇進だったり転職活動に有利に働く事が多くあります。資格には難易度の高いものから比較的易しいものまでいろいろな種類があります。易しいものであれば独力でも十分取れますし、難しいものはスクールや講座に通って取得を目指す事が多いです。

食材

取得することで様々な未来

食育アドバイザーの資格を得ることで、セミナー講師として働くことができます。また、自宅で料理教室を開くこともできます。福祉系や保育系、栄養士や調理師の資格を持っている人や、食品系の企業に勤めている方にとっては、さらなるキャリアアップにつながります。

勉強

目指す試験を知れる

行政書士は法律系資格の登竜門と言われており、上位の弁護士や司法書士試験に挑むか迷う方の力試しにも受けられています。受けるかどうかや予備校を活用するか否かを決める情報として、解答速報で試験レベルと予備校等のレベルを確認する事ができます。

保育園

養成機関毎に確認が必要

保育士を目指す場合、養成機関を活用する方が大半です。大学や専門学校などがあり、それぞれ特色やカリキュラムが異なります。自分が目指す保育士像に沿って学校選びをする必要があり、学生生活はどの様になるかも事前に知っておく事も重要です。

資格を取得する方法

メンズ

勉強するときに考えること

法律の幅広い知識が必要となる資格として行政書士という資格があります。受験資格はありませんので比較的気軽に勉強を始めることが可能となっていますが、試験科目も多く難易度が高いので時間をかけて準備をしていくことが必要になってきます。行政書士の資格を取得しようと思ったら、予備校に通うというのが合格率をあげていくための有効な方法の一つになります。もちろん、独学より費用がかかってきます。独学ですとテキスト代で済むかもしれませんが、予備校ですと二十万円近くの費用がかかってくるところも少なくありません。しかし、予備校にはそれだけの費用をかけるメリットも持ち合わせています。通学コースや通信コースを設けているところが多く、自分が勉強しやすい方法で進めていくことが可能となっています。また、独学ですと分からない部分があっても質問することが難しいですが、予備校に通っていると専門の講師に質問することができますので、時間的な面でいってもメリットが大きいです。そして、行政書士の試験後には解答が気になるものですが、こういった予備校では解答速報を出しているところが多いので、行政書士の試験後すぐに自己採点をすることもできます。解答速報では、解説を配信しているところもあるので、自分はどこをどのように間違えてしまったのかをいち早く知ることも可能なのです。自分が分かり易いと思っている予備校があるならば、そこの解答速報を見るのもいいですし、いくつかの学校の解答速報を見比べてみるのもいいかもしれません。