最新記事一覧

養成機関毎に確認が必要

保育園

学生の不安を払拭

保育士になる為に大学や専門学校で学ぶ場合、学校生活や就職の際に気を付ける点はそれぞれの学校毎に違います。大学を経て保育士を目指す場合は、実習が他の学校より少ない事を自覚しておく必要があります。大学では保育士資格を取得する事や就職をする事が学生の主な目的です。対して大学側の目的は学生に学士を取得させる事です。その為に保育とは関係のない一般教養を学ぶ必要があり、保育園での実習も少ないです。知識を学んでも子供と接する経験やピアノや絵本の読み聞かせといった技術を学ぶ機会は少ないので、就職までにアルバイトなどで経験しておくと安心です。短大で保育士と幼稚園教諭の免許の両方を目指す方は、体調管理が重要になります。2年間で両方を修める為に、非常にタイトなカリキュラムになります。実習も双方必要であり休む事が難しくなる事から、風邪などひかない様に体調を整える事が大切です。専門学校では保育士になる為のみの学びになりますが、どこの専門学校でも同じカリキュラムではありません。基本的に厚生労働省が定める内容ではありますが、それぞれの学校で特色は異なります。ピアノなどの実技に特化していたり、座学に特化していたりと違いがありますので、自分が目指す保育士になれる学校選びが重要です。以上の様にそれぞれの養成機関毎に注意しておく事や、確認しておく事は異なります。自分に合う学校を探す事は難しいですが、その考えや理想に近い学校は必ずあります。