最新記事一覧

取得することで様々な未来

食材

食育のプロになりたい

食育の重要性に注目が集まっていますが、食育のプロにも資格があります。それが食育アドバイザーです。子供から大人、高齢者まで幅広い世代に対して栄養の大切さや、健康的な食生活を送る具体的な方法、食事の大切さなどを伝えていきます。この食育アドバイザーの資格を取得することで、様々な未来が拓けます。まずは、食育のプロとしてセミナーの講師などを担当することができます。最近では、子供に対する食育だけでなく、大人に対する食育の需要も高まっています。社員やその家族の健康管理を目的として、セミナーを依頼する企業や団体、自治体などが増えています。生活習慣病を予防するにはどのような食事が有効か、老化を防ぐためにはどんな食事を取ったらよいか、など大人の健康維持に役立つ情報を発信することで、食に関する関心を高めてもらうことができます。セミナー講師の他には、自宅で料理教室を開講する方もいらっしゃいます。教室を開きたかったけれど、調理師や栄養士などの資格を持っていないため諦めていた方もいらっしゃいます。そんな時、食育アドバイザーの資格を取得していれば、生徒さんからの信頼を集める事ができます。また、勉強した知識を生かして生徒さんにバランスの良い食事について教える事ができるのです。さらに、福祉系や保育系の資格を持っている方、栄養士や調理師の資格を持っている方、食品系の企業にお勤めの方にとってはキャリアアップにつながります。企業によっては、食育アドバイザーの資格を持っていることで新たなポジションにつくことができたり、昇進の可能性もあるのです。