最新記事一覧

短大を選ぶ方が増えている

女性

将来を見据えた選択肢

保育士は保育園で働く為には必須資格ですが、保育と教育を合わせたこども保育園も現在は増えています。こども保育園で働く場合、保育士以外に幼稚園教諭の免許も必要であり、就職先の幅を広げる為に両方の資格取得を目指す方も多いです。最短期間で両方の資格を取得できる学校が短大であり、選択する方は多いです。大学でも両方取得可能ですが4年制である事に対し、短大では2年間なので取得できる早さ以外に学費を抑えられるメリットもあります。今後は幼保一体化という考えがより一般的になると考えられており、様々な面で両方の資格を取得するメリットは大きいです。専門学校は保育士のみであり大学では期間は長く、学費も相応に必要です。短大はそれぞれの学校の特徴をバランスよく取り入れたカリキュラムであり、知識も技術も申し分なく習得する事ができます。ただし2年間という短い期間で目指す事になるので、カリキュラムは通常の保育士課程よりも詰めた形になります。教職課程にも実習はあり、保育士の実習も当然あるので休まない様に体調管理が重要です。高校生から保育士を目指す為に学校を選ぶ際、入学しやすさも短大は高いです。推薦枠があり比較的簡単にもらえる傾向にあります。対して大学は簡単でなく、専門学校では推薦がない場合も多いです。入学しやすさや幼稚園教諭の免許も目指せる事から、短大を選択している方が多いです。以上の理由から、保育士として将来働きたい場合に短大で学ぶ選択が多くなっています。